第39回「せたがやふるさと区民まつり」オークション(SI東京‐桜)

毎年8月の第1土日に開催されます「せたがやふるさと区民まつり」にSI東京―桜は7日(日)のオークションに参加しました。
今年は馬事公苑での開催が最終となり、「39(サンキュー)馬事公苑!」をテーマに猛暑の中、27万人が来場されました。
物産展の店舗が並びにぎわうけやき広場に設けられた並木ステージに、石川会長自らマイクをとり登壇しますと、みるみる大勢のひとびとが集まり、会場はいっぱいになりました。楽しみに待つ来場者に国際ソロプチミストの活動を理解していただきたく、手話も含めて紹介し、オークションは始まりました。中盤からどんどん活気づき、さかんに声があがり、ハンドベルが鳴り競り落としが決定しますと、喜ぶ人の声に競り落とせなかった嘆く声が交じり合い、たいそう面白おかしく、いよいよ最後には、希少銘柄焼酎を目当てに待っていた人々が最高の競りを盛り上げてオークションは完売、無事終了いたしました。

夏は暑く、クラブ活動はさらに篤く
タイミングと笑いで魅了するステージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。