チャリティ観劇会「二月喜劇名作公演」を催す(SI東京-桜)

2月26日(木)新橋演舞場にてチャリティ観劇会を開催しました。「二月喜劇名作公演」は、オムニバス構成の喜劇3作品で、それぞれに古手川祐子、波野久里子、水谷八重子が主演、また、ベテラン中村梅雀、山村紅葉(敬称略)など多くの役者さんが出演されました。当日は千秋楽に当たり、より華やいだ雰囲気の中、こぎみよい軽快なテンポで展開するしっかりしたプロットに、笑いと人情ほろりと十分楽しませていただきました。
春は到来まもなくと聞くも、コートを手放せない季節でしたが、入り口外に受付け台を設け、お弁当と国際ソロプチミストの案内の刷り物とTOY工房どんぐりお手製のかわいいオーナメントをお渡ししてお客様をお迎えしました。
TOY工房どんぐりは、障害児のための布おもちゃを作っているボランティアグループで、SI東京-桜はこれに継続支援しています。

入口でお客様のお迎えをする(左から)会長エレクト、会長、前会長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。