春和やかな懇親昼食会<桜の交流その2>(SI東京-桜)

3月31日午前に行われました式典の後は、「三宅島緑化プロジェクト」と「Sクラブ」への支援をお渡しし、園芸高校の生徒さん、先生方とお昼ごはんのひとときを楽しく過ごしました。春野菜をふんだんに使った花見弁当と会員手作りのケーキをいただきながら、実習の苦労や学校生活の様子、またそれぞれの将来のことなど話してくださいました。生徒さんたちの明るく優しい日焼けした笑顔の中には、臆することのない希望、そして太陽と大地の恵みを受けつつ自然の厳しさと対峙するたくましさが垣間見えました。
東京都立園芸高等学校とのつながりは、平成24年の(公財)ソロプチミスト日本財団「学生ボランティア賞」に、生徒さんたちの自主活動「三宅島緑化プロジェクト」(植樹などを継続して行うことを通して災害復興を支援する活動)を推薦し、これに受賞されたことから始まります。そののち「Sクラブ」に認証していただき、以来記念植樹など様々な活動を共にし、支援しています。
そして東リジョンの一日会議推奨プログラム「夢を拓く」の活動を5月に開催予定しており、ますますの交流を深めています。


支援を渡す石川会長
「国際女性デー」のキャンペーンも行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。